アンテ バイ アンテシュクレ ルミネエスト新宿店

2020 03 Sep

下着の買い替えのタイミングとは?LABO.NO16

皆さま、こんにちは☆

下着の買い替えのタイミングや捨て方をご存じですか?
捨て時のサインは?正しい捨て方は?
知りたいけど誰にも聞けない・・・という方、
ここでマスターしよう!!

 

捨て時ポイント①
『見た目がくたびれている』

ブラジャーもショーツも、見た目にくたびれた感が出ていたら、「捨て時」です。
下着は身体を保護したり、体型を整えたり機能的なものでもありますが、
お気に入りの下着やデザインが華やかな下着は、女性を内面から輝かせるものです。
くたびれ感のある下着を着けていると気分も下がってしまいます。

具体的には、破損したり傷ついていたり、生地が薄くなっていいたら、
それは間違いなく捨て時サイン!

また、サイズが合わなくなった場合も、思い切って捨てましょう。


捨て時ポイント②
『ブラジャーが変形している』

破損や傷みがなくても、ブラジャーのワイヤーが変形していたり、
はしが飛び出していたり、カップが凹んだり、シワができている時。

このような状態では、購入した時とフィット感が異なり、
すでにブラジャーとしての役割は果たしていないと考えて良いです。

からだに合っているかは見極めにくいので、以下のチェックポイントで確認してね☆

・からだを左右にひねると、カップが胸から浮く。
・両腕を振ると、胸のお肉が脇からはみ出てくる。
・バンザイをすると、ズルっとブラジャーがずれ上がる。
・両肩をくるくる回すと、ストラップがすとんと落ちる。
・ジャンプをすると、胸が大きく揺れる。
・前かがみになると、ブラジャーの後ろ側が上がる。


捨て時ポイント③
『ストラップやゴムが伸びている』

「くたびれ感」にも似ていますが、伸びたストラップやゴム。
ブラジャーを置いたときにストラップが波打っているようなら、
それは伸びている証拠です。

ブラジャーの下辺のゴムやショーツやガードルのウエストや裾も同じです。
ストラップやゴムは伸びてしまうと伸縮性が少なくなり、
着け心地も変わってフィットしなくなります。
体のかたちに合わせて生地やゴムなどが伸び縮みする下着は、
この伸縮性が機能的にも大きな役割を果たします。
美しいボディラインをキープするためにもチェックしましょう!


ここまで捨て時ポイントについてお話してきました。
次は、ブラジャーの正しい捨て方について学びましょう☆


『ブラジャーはリサイクルしよう』

捨てる時のポイントは「形を残さないこと」。
ブラジャーはワイヤーを抜いて分別。生地は細かく裁断して、
透けない紙袋などに入れて、外から見えないようにした方が安心です。
その後のゴミの分別は、お住まいの地域のルールに合わせて処分しましょう。

ただ、ブラジャーはワイヤー以外にも
様々な付属品がついている場合もあり、分別が面倒な時ありますよね。
そんな時は、ブラジャーのリサイクルがおすすめです。
店頭で配布されている専用のバッグに入れて、店頭に届けるだけ。
そのまま開封されずにエネルギー燃料にリサイクルされるのでエコだし簡単です☆
※ブラジャーのリサイクルは通年実施されているのではなく、
 店舗によって実施時期や内容が異なるので、確認して下さい。
 
では、そもそもの捨てる回数を減らすため、
下着を長持ちさせる正しいお手入れの仕方とは?

『正しい洗い方・干し方』

まずは、洗濯表示を確認。手洗いマークがついたもの、
ワイヤー入りブラジャーは洗濯機洗いではなく手洗いで。

洗濯機に直接入れると、生地が傷んだり、ワイヤーが変形したりします。
お風呂に入るついでに洗うなど工夫してみよう!
洗剤は中性洗剤または下着用洗剤を使います。
どうしても手洗いは面倒・・という方は、
ブラジャー専用のランドリーネットで洗いましょう。

 

▼アンテシュクレ ランドリーネット大 IEE005

商品の詳細はこちら
 

▼ナルエー ランドリーケース 98973


商品の詳細はこちら
 



干すときは、ショーツやガードルはウエスト部分を洗濯バサミで留めて、
ブラジャーはカップを整え、下向きにして左右のワイヤーの下あたりを洗濯バサミで留めます。
後ろホック部分の片方を留めて吊るしたり、
ストラップをかけたり留めたりして干すと型崩れの原因になるので気を付けましょう。

詳しくはこちらをチェック>>
 


いかがでしたか?
この機会にお手持ちの下着が買い替え時なのか
チェックしてみて下さいね♪