アンテ バイ アンテシュクレ 相模大野ステーションスクエア店

2021 28 Jul

【LABOコラム】アンテの吸水性ショーツはいてみました。

こんにちは!ラボ研究員です。

 
最近急に耳にする機会が増えた「フェムテック」という言葉。
皆さんご存じですか?
 
フェムテックとは
フェムテックとは女性(Female)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語だそうです。
その内容に関しては様々なジャンルに分けられるのですが、
大きくとらえて女性特有の悩みに寄り添った考え方だと言えると思います。
 
 
ここからはラボ研究員の個人的な体験を通して、生理時の吸水性ショーツについてお話ししていきたいと思います。
 
 
 
吸水ショーツの登場
 
まず、「フェムテック」という言葉をよく耳にするようになった頃のこと。
正直ラボ研究員は、公の場で「生理」とか「経血」だとかそのワードが出てくることに違和感を覚えていた一人です。
 
これまでの人生でごく当たり前に、自然に付き合ってきた、付き合うしかなかった生理について、改めてクローズアップしなくてもいいよと。
なんだか生々しく、恥ずかしいような気持ちがあったのかもしれません。
 
 
一日に4~5回はナプキンを変えて、
その為にトイレに行って
漏れが無いようにショーツの上にはアンダーショーツをはいて、と
生理中には特に気を使って過ごしてきたので
 
 
吸水ショーツが発売されたときなんかは、
「一日中はきっぱなしなんて、気持ち悪そう」
「ナプキンをはずして、綺麗なナプキンに取り替えるのが何より気持ちいい期間に、そのまま吸水されてそこにあり続けるなんて絶対嫌だな」
 
そんなことすら思いました。
実際、そう感じる方も多いと思うんです。
 
 
 
そんな私がアンテの吸水ショーツを使ってみる。
※発売前です(2021年9月発売予定)
 
一言で、
「次の生理にも使いたい」
それが素直な感想でした。
生理を楽しみにすることがこれまでに、あったでしょうか、、私はありません。笑
 
 
これがあれば、不快な期間が減る人は多いかもしれないと思いました。
 
 
※ここからは、かなりリアルな「はいてみた」レポになります!
 
 
まず初めて着用する日は仕事が休みの日を選びました。
家にさえいれば漏れても、どうにでもできるので、実験日に選んだのです。
 
 
ラボ研究員は初日~2日目までが量が多く、
3~4日目には普通量、
5~6日目では少なくなり自然に終了する傾向なのですが、
初日には勇気が出ず、2日目の日に着用しました。
万が一に備えて吸水ショーツの上には漏れた時にわかるように白いガードルも履いて
徹底的に疑いながら着用したわけです。笑
 
ショーツの履き心地はコットンの普通のショーツのようでした。
少し股の部分の布が厚手になっているので、フィットしないのでは?
と思ったのですが、意外に軽く、サラサラとしていて違和感無く着用ができました。
 
 
そうなると不安なのは、吸水力。
 
お昼の11時に着用し、徒歩で15分の場所に買い物。
その後帰ってきて、不安ですぐにトイレで確認!!!!!!
 
 
 
 
白いガードルにも漏れていない。。。。


そして、ジュクジュクと湿っぽいのでは?と疑い
トイレットペーパーで表面を拭き取ってみたものの、少し色が付くくらいで、液体感もなかったのでした。その後、ショーツをはく時にも、少し給水部分が湿った感じはありますが、不快さは無く、濡れた水着を着るときのヒヤッとした湿り感は全く無かったです。
 
 
「ほほぅ.........」
 
ここで少し嬉しく、楽しみになってきます。
 
 
いやいや、まだわからない!!!と
そのまま家で少し気を使いながら寝転がったり、
普通に椅子に座ったりして過ごし
 
 
5時間後。
 
 
途中、途中、トイレに行く度に確認してみるものの、漏れはなし。
少し表面が濡れているな時や粘度のある出血時には、表面をトイレットペーパーで押さえたり拭くなどで対応しました。
 
 
 
そうして一日を過ごして、
着用から7時間後
 
 
お風呂に入る頃にトイレで最終確認。
漏れていない。
そして、表面もなんだかサラッと乾いている様子。
 
 
なんだこれは、、、今日1日ナプキンを使っていないではないか。
ナプキン専用のゴミ箱がスカスカでなんとも気持ちが軽いのです。
 
 
今日は偶然にも経血が少なかったのか?
そう思いながら、お風呂で吸水性ショーツを洗ってびっくり
 
 
 
床が赤く染まりました。
(生々しくて申し訳ありません)
 
ちゃんと吸っているんだ、、そう思いました。
洗濯は、洗剤を溶かしたぬるま湯に10分程浸けて、
その間にシャンプーなどを済ませました。
 
浸け終わったら軽く揉みながら、水が赤くならなくなるまで水を替えて濯ぎます。
大体3回水を替えたら色がなくなりました。
あとはネットにいれて、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機にお願いしました。
 
 
洗濯方法には好き嫌いがあると思いますが、ラボ研究員は思っていたより手軽で、楽チンだと感じました。
 
 
その日の夜は通常のサニタリー用ショーツとナプキンを使用して寝たのですが、
「夜も吸水性ショーツで過ごせたら最高だな。。。」
なんて頭の中では次に使うシーンを思い浮かべていました。
 
 
 
そして夜も使ってみる。
 
 
洗濯した吸水性ショーツは、正直しっかり乾くには時間がかかったように思います。
丸一日はしっかり乾かしました。
部屋干しだと、もう少し時間が必要かもしれません。
 
 
4日目の夜になって、やっとまた使えるタイミングが。
待ちに待った夜!
4日目なので、少し出血量も少なくなってきたし、使ってしまおう!
 
 
そして実験に挑んだわけです。
 
 
結果
朝のつたい漏れもなく、
トイレチェックでも合格!
 
 
「わあーナプキンを替えないだけで、こんなにも気持ちが楽なんだ。」
 
と、そう感じました。
 
 
そして当前なのですが、
劇的にサニタリーナプキンのゴミが減り、
5日目には吸水ショーツ1枚で朝から外出したのでした。
 
 
いつ完全に終わるのか、いつまた急にチョロッと出てしまうのかという不安の為に
ナプキンを使用する必要がなくなるので、
それが本当に心が楽でした。
 
 
ナプキン無しでの使用にどうしても抵抗がある方も、吸水性ショーツにナプキンを併用して使えば、万が一の漏れちゃった!経験が無くせるかもしれません。
 
使い方や使用方法は
女性1人1人の、それぞれの好みやシーンに
合わせることができると感じました。
 
 
というわけで、
元「吸水性ショーツは気持ち悪そう派」だったラボ研究員なのですが、
きっと次の生理も、その次の生理も、使い方や使用する日を選びながら
使い続けると思います。
 
2~3枚は必要だなと思っているので、
今から発売日を心待ちにしています!!
 
 
アンテの吸水性ショーツは
開発時にこだわった点があります!
 
着用した時のお尻のラインのシルエットや
素材の履き心地の良さにこだわって何度も試着を繰り返し作られています。
 
綿素材なので、締め付けが無く柔らかく、でもしっかりお腹も包んでくれるので安心感もあります。
 
ヒップのバック部分の吸水素材の切り返しが、履いていてもカサカサ 擦れたりする違和感なく、絶妙な位置まで伸ばしたことで、座っていても伝い漏れしにくいことを目指しました。
 
本当に普通のショーツのようにはけると思います。
 
オリモノ過多のときや、生理が始まって間もない、予測がつきにくいお子様の失敗軽減にもとても便利です!
 
発売日は9月頃を予定していますので、
是非お楽しみに!待っていてくださいね!
InstagramやTwitterでもお知らせいたします!
 
 
 

↓↓ アンテラボバックナンバーはこちら☆ ↓↓

公式SNSはこちら☆

公式Twitter

公式Instagram

公式YouTube

商品企画担当が更新するインスタグラムや、キャンペーン・入荷情報などをつぶやくツイッターを日々更新中です。

ぜひフォローしてチェックしてみてください!

 

アンテLABO**