[生地館4F・5F]特殊生地フロア

2016 28 Jun

★動画有り★キツネ耳&しっぽの作り方②~染めQを使ったフェイクファーへの塗装編~

連載二回目は、獣のリアルな質感を出すための【塗装】の方法をご紹介します!
 
「染めQ」という本革、合皮、プラスチック、生地などに使えるカラースプレーを使って、ヘアスプレーをするような要領で色を付けていきます。
 
▼「染めQエアゾール」*オンラインショップはコチラ>>
 
▼「染めQエアゾール」で塗装した作品 一例
 
 
最近よくお客様からのお問い合わせで、「フェイクファーを染めたい」という声を聞くのですが、
ファーは染料を使った染色ができないので、今のところ、こちらの染めQでスプレーをして、色をのせるのがベストです。
コツと練習が必要ですが、マスターすればスプレーは柄入れなどにも使えるので、ぜひお試し下さい☆
また新たな良い方法がございましたらブログで皆さまにご報告しますね!!
 
↓↓では、さっそく参りましょう↓↓
 
<フェイクファーに染めQの方法>
 
!注意!
※必ず、ハギレで練習しましょう!!やりすぎると毛が束になり硬くなります!!!
 
**用意するもの**
・フェイクファー
・染め Qエスプレッソブラウン
・手袋
・新聞紙や段ボール
・大き目の袋など床が汚れないように敷けるもの
・いらないブラシ(色が付きます)
 
 
①染めたい箇所を決めて、印(マスキングテープ等)をつける
 

②染めたいものの毛をブラシで撫で毛(ツルっときれいになる方向)に整えてスプレー。

POINT
・本当に軽くシュッと一吹き程度を繰り返しましょう。ヘアスプレーをするような要領です。
・塗布する面積が広い時は、スプレー後は都度ドライヤーで乾燥させると、溶剤が早くとぶので、オススメです。

③ブラシで毛を梳かし、整える。
 

④ブラシで今度は逆毛(ボサッとする方向)を立ててスプレー。
 

⑤ブラシで整えて完成!
 
POINT
ツートーンカラーが完成!必ずブラシで毛を整える・やりすぎない・必ずヘアスプレーをするように軽くシュッと吹くのがポイントです。
 
私も何度か練習をして完成しました!
 
\失敗しない為に/
 
♪♪SPECIAL♪♪
 
↓↓今回は動画をご用意してみました↓↓
 
!注意!
※動画では手ぐしで整えていますが、とにかくこまめにブラシを使って毛並を整えながら行って下さい!
ダマになりいにくくなりますヾ(・∀・o )逆毛にする時もブラシを使って下さいね~。
 
*画像クリックでオカダヤのYouTubeページに遷移します。
 
染めQを使ってフェイクファーをグラデーションに染めてみた
その1⇒毛の流れを整えて撫で毛に塗装を2回
 
染めQを使ってフェイクファーをグラデーションに染めてみた
その2⇒逆毛にして塗装1回
 
参考にしてクリエーションの幅を広げていきましょう☆
作品実物も売り場に展示しておりますので、見てみたい方は生地館5階へGO!!ですε=(ノ・∀・)ノ
 
次回は連載3回目!「キツネ耳&しっぽの作り方②~しっぽの製作編~」をお送りします。
お楽しみに(^o^)ノ
 
-------------------
所要時間/1時間
(染めQした場合は2時間)
手芸歴/10年
-------------------

 
\オカダヤ新宿本店のスタッフで結成されたコスプレイヤーサポートスタッフ!/
 
オカダヤ新宿本店コスプレ部
 
 
コスプレ部ではほかにもTwitterHP衣装製作に役立つ情報を発信していますので、こちらも合わせてチェックしてみて下さいね。
目印としてヒヨコマークの缶バッジをつけているので、気軽に衣装製作などご相談下さい^^
 
オカダヤ新宿本店コスプレ部HP>>
オカダヤ新宿本店コスプレ部ツイッター>>